トップ / 闇金融には注意しよう

闇金融には注意しよう

消費者金融業界が規制

機関

金融規制の副作用について

消費者金融業界が総量規制されたことによって、過剰融資を防止されたり、高い金利で貸し付けてきたのがものが10%近く上限金利が引き下げられましたので、借りる側によっては金利負担が少なくなったメリットがあります。しかし、上限金利が引き下げられてしまったことはいいことだけでなく、副作用も出てしまっているのです。金利はリスクに対して設定しますので延滞や貸し倒れのある可能性のある人には引き下げらた金利で融資ができないのです。そのような方は闇金融にお金を借りるために流れてしまうという事態が起きてしまっているのです。

機関に対する規制の副作用

かつての大蔵省は、金融機関の経営のモニタリングをしたり、様々な指導を行ったり、時には規制をかけたりしてきました。戦後の復興期には、このような規制が経済の発展や各機関の成長という点で大きな役割を果たしてきたと考えます。しかし、経済がある程度発展して成熟化していくと、それだけではうまくいかなくなることも出てきます。というのは経済の復興期はその通りに経営をしていっても各機関は成長できますが、経済が成熟化するとそのやり方はうまくいかなくなり、各機関が独自の経営努力を行わなければそれ以上の成長は難しくなっていきます。実際に経営努力という点で他の先進国と比較して後れを取った部分が多々ありました。バブル崩壊後の金融機関の経営の立て直しが遅れたのもこのような副作用があったからだと考えております。

↑PAGE TOP